自動ドアの修理

グラフと世界地図

自動ドアの故障した際に修理は家主がするのか以外に知らない方が多いです。基本的に貸主はその物件の自動ドアも含め設備に対して修繕する義務があります。ドアが完全に動かなくなってしまった時には、電源を切って、手で動かせれる可能性があります。もし動かせなかった時は、防犯上そのまま放置するのは危険なので早く修理業者に来てもらうことが先決です。来てくれるのが翌日などになった場合は、その自動ドアを通行止めにしておいたほうが良いです。壊れてしまう要因は沢山あるのですが、レーンに不具合がでてスムーズに開け閉めできない状態になっていることもあります。ドアについているローラーも消耗品なので年月の経過で交換する必要があります。

定期的に業者にお願いして点検してもらうのが良いです。特に人の出入りが激しい場所は定期的に点検するようにしましょう。半年に1回など点検することを決めておけば、部品の破損や老朽化で自動ドアが壊れてしまうのを未然に防げます。修理費用は破損状態によりますが、数十万円かかることもあります。自動ドアはしっかりと掃除などメンテナンスすることで長く使うことが出来ます。点検するのにも、出張料や技術料が必要になってくるところもあります。自動ドアから異音がし始めたときは、早めの対応が求められます。修理が遅れれば自動ドアのほかの箇所が壊れてしまうこともあります。業務上絶対自動ドアに必要なところもありますのでしっかり日々確認するようにします。